左古寛知 (Hirotoshi Sako)

理学研究科 動物生態学研究室 博士課程
Lab. of Animal Ecology, Department of Zoology
contact: hsako@(←ここを英数字の@に替えてください)ecol.zool.kyoto-u.ac.jp



研究のこと

オオオサムシ亜属(Ohomopterus, genus Carabus Carabidae)の種の認識機構について研究しています。現状では体表についている物質がオサムシをわける錠と鍵ではないかと考えている。よく言われる、オオオサムシ亜属の雄の持っているとても長い交尾片が雌の交尾器にある袋と一致することで種間の生殖隔離がなされているという考え、つまり"錠と鍵"仮説は、種の隔離に必要だが十分とはいえない説明です。

これは、ごく近縁な種または亜種間での二次的接触の際に隔離機構としてどちらかの交尾器が長くなるという進化が起こるだけでは、どちらのグループの個体にとってもコストになってしまうと考えられるからである。このような言い方は極端ですが、"錠と鍵"説は交配前の配偶者認識の重要性をあまり考慮しないことから、あえてそうしています。ただし、想定する状況によって錠と鍵というメカニカルな機構の役割は異なってきますが。知らないとわかりにくいですが、知れば自明である気がしています。




動物生態学研究室

足跡ぺたっと




昆虫標本用ラベル作成マクロ「Labeller」 ver. 3.0.1

採集地リストをExcelに打ち込んでおけば、採集地別に望みの枚数だけラベルを作成してくれるマクロを組んでみました。すこし機能を充実させました。とりあえずWindows用です。Office2000ではサポートしていないメソッドを用いていますので、基本的にXPを推奨します。Macintosh用のOffice 2005で一応動くようにしてみました。

更新情報

For Windows
For Macintosh

バグ・ご要望は上記のメールアドレスまで




ESA

ESJ