・学術雑誌等

主著論文

中川 光・草野 保,東京都八王子市南大沢におけるアカハライモリ(Cynops pyrrhogaster)の食性,爬虫両棲類学会報,日本爬虫両棲類学会,2007(1)pp1-52007

 

共著論文

Kusano T., Ueda K. and Nakagawa H.Body size and age structure of breeding population of the salamander, Hynobius tokyoensis (Caudata:Hynobiidae)Current Herpetology25(2)pp71-782006

 

 

・学会・シンポジウム発表

中川 光・山根 英征・八杉 公基・藤田 朝彦・横井 謙一・北田 直樹・伊藤 毅彦・丸山 弘明・岸本 純平・前田玄・鈴木 規慈・高野 裕樹・高橋 大輔,由良川中流域の河川魚類群集における微生息場所利用の時間的変化~群集構造の決定機構の解明を目指して~,第44回魚類自然史研究会,大阪工業大学大宮キャンパス,3月,2007

 

中川 光・渡辺 勝敏・石川 孝典・関 伸吾,ミトコンドリアDNA塩基配列分析に基づくアカザLiobagrus reiniの遺伝的集団構造,日本魚類学会年会,北海道大学学術交流会館,10月,2007

 

中川 光,由良川中流域の魚類の微生息場所利用,第55回日本生態学会大会,福岡国際会議場,3月,2008

 

Nakagawa H., Fujita T., Yokoi K., Ashiwa H., Yamane H., Yasugi M., Kitada N., Takano H., Suzuki N., Kishimoto J., Maeda H., Yamano H., Ito T., Maruyama H., Tominaga K., Hatakeyama E., Goto M. and Takahashi D., Foraging flexibility of fishes in the temperate midstream, The 2nd International symposium of the biodiversity & evolution grobal COE project, P-10, Kyodai-Kaikan, Kyoto University, Kyoto, Japan, November, 2008