Satoshi Yamamoto

 
 

研究テーマ

・フユシャク(冬尺蛾)の起源

・フユシャク類の集団遺伝構造

Inurois属の多様化機構

・フユシャク類の生態

山本哲史

やまもとさとし

今は坊主頭です

研究業績

論文

Yamamoto, S & Sota, T

Phylogeny of the Geometridae and the evolution of winter moths inferred from a simultaneous analysis of mitochondrial and nuclear genes

Molecular Phylogenetics and Evolution 44 (2007) pp711-723.


Yamamoto, S & Sota, T

Incipient allochronic speciation by climatic disruption of the reproductive period

Proceedings of the Royal Society B 276 (2009) pp2711-2719.



学会・研究会発表

---国際学会・シンポ---

Yamamoto, S & Sota, T  "Evolutionary ecological study of sympatrically allochronic population of Inurois membranaria" The 1st International Symposium of the Biodiversity Global COE Project Kyoto(Japan) 2008 (Poster)


Yamamoto, S & Sota, T "Molecular phylogeny of Geometridae and evolution of winter moths" Forum Herbulot Munich(Germany) June-2008 (Oral)


---国内学会・シンポ---

山本哲史・曽田貞滋

「クロテンフユシャクの生態学的種分化:季節適応が生殖隔離をもたらす」

日本進化学会第10回東京大会 2008年8月(口頭発表)


山本哲史・曽田貞滋

「クロテンフユシャクの生態学的種分化」

日本生態学近畿地区会 京都 2008年7月(口頭発表、研究奨励賞)


山本哲史・曽田貞滋

「日本産フユシャク類の系統地理」

日本生態学会第55回大会 福岡 2008年3月(ポスター発表、優秀賞)


山本哲史・曽田貞滋

「クロテンフユシャクの同所性異時集団の成立過程」

日本進化学会2007年大会 京都 9月(シンポジウム「適応的分化と生殖隔離」にて、口頭発表)


谷垣岳人・雀部正毅・山本哲史

「里山林の林冠・林床において季節変動する夜間飛翔性昆虫群集」

日本生態学会2007年大会 松山 3月(ポスター)


山本哲史・曽田貞滋

「シャクガ科の分子系統」

日本進化学会2006年大会 東京 8月(ポスター)

学歴

2000年4月 信州大学理学部生物学科 入学

2004年3月 信州大学理学部生物学科 卒業

2004年4月 京都大学大学院理学研究科生物学専攻修士課程 入学

2006年3月 京都大学大学院理学研究科生物学専攻修士課程 修了

2006年4月 京都大学大学院理学研究科生物学専攻博士課程 編入学

2009年3月23日 京都大学大学院理学研究科生物学専攻博士課程 修了


2007年11月‐2008年3月 リサーチアシスタント(京都大学グローバルCOE 生物の多様性と進化研究のための拠点形成)

2008年4月‐現在 特別研究員(日本学術振興会DC2 2009年4月よりPDに切り替え)

2009年4月‐現在 相愛大学非常勤講師(生態学)


助成

2007年度 笹川科学研究助成(日本科学協会)

2010年度 海外発表促進助成(日本科学協会)

Inurois punctigera

所属

京都大学大学院理学研究科 動物生態学研究室

E-mail: s_yamamoto(at)terra.zool.kyoto-u.ac.jp

Tel: 075-753-4077